上級内部統制管理士資格(旧称:認定SOXアドバイザー)

会社法と金融商品取引法(SOX法を含む)において、内部統制システムの構築とその評価・報告が大企業や上場企業に義務化されました。しかしながら、多くの企業では自社内に全体像を把握出来る人材が不足しているため、内部統制の構築・運用に際して十分な対応が出来ず、あるべき体制実現への障害となっていました。

そこで生まれたのが、内部統制の体制整備・構築から運用・評価に至るまでの専門知識を習得し、自社内における内部統制対応や社外でのコンサルティング業務などを行える人材の育成を行う内部統制実務担当者のための民間資格である「上級内部統制管理士資格(旧称:認定SOXアドバイザー資格)」です。

監査人やコンサルタント、ITベンダーの支援を受けつつも、企業側が主導的に取り組む事により構築期間・構築コストの縮小や軽減が期待出来ます。また、資格の取得を対外的にアピールする事により財務報告の信頼性向上が望め、ひいては企業イメージアップ効果も期待出来ます。

3日間集中の講習を受講したあとに、試験を受けるという形式になっており、企業が担当者の育成や社内研修の一環として受講・受験させるというスタイルになっています。

学習期間 内部統制に関する集中講座を3日間受講した後に、試験を行います。
試験内容 問題数:4択マークシート60問
解答時間:90分間
正解率70%以上で合格
(不合格者は1回のみ無料で再試験可)
受験料 12,600円
講座受講料:1名あたり@283,500円(4名以上同時申込の場合は割引)
試験日 2009年度は4月
(詳細は主催のグローバルマネージメントアカデミーでご確認ください)
試験会場 東京